« 八天堂 | トップページ | 香港でポータブルWi-Fi »

2013年2月11日 (月)

香港のタバコ事情

2012.12.16〜22、香港に行ってきました。目次はコチラ

さて、コチラ私にとってはまったくどうでもいい話ですが。

ウメ吉せんせいは今回も、ニコレット持参で飛行機に乗り込んでいましたが、さて現地ではどうでしょうか?

まず禁煙エリアは、食堂、レストラン、ファストフード店、公園など。これはまあ、このご時世、当然ですね。ただ街中はけっこうユルくて、あちこちに灰皿が設置されております。

Dsc00837
ちょっと見えにくいですが・・・セブンイレブンの前にある、オレンジ色のヤツ!これが灰皿で、ホントあちこちにあります(ステンレスそのままの色のもあった)。しかもけっこう人通りが多いところでも設置してあって、みんな人混みでもお構いなしで吸ってました。さらに歩きタバコ率もけっこう高い・・・。愛煙家の方も肩身せまい思いはしなくていい感じでした。食堂でゴハン食べて、出たらすぐにイップクも可能、ウメ吉せんせいもそんなにツライ思いはせずに済んだ模様です。

空港も、オープンエアにはもちろん喫煙コーナーありましたが、

Image_12
搭乗口のすぐ近くでも吸えます。愛煙家にやさしい国ですな。(あ、羽田もそうだったか)

ただ、日本から香港に入国するとき、持ち込んでいいのは19本まで。なのでウメ吉せんせいは、現地で吸う分はセブンイレブンで買ってました。

Image_11
1箱HKD50(約¥546)・・・高いー。「デューティーフリーで安く買えるんじゃ?」って言ったけど、わざわざそれだけで行くのがメンドクサかったようです。それに、そこで買ったタバコを持ち込んで吸えるのかも疑問。(つづく)

|

« 八天堂 | トップページ | 香港でポータブルWi-Fi »

香港旅行2012」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 香港のタバコ事情:

« 八天堂 | トップページ | 香港でポータブルWi-Fi »